土地家屋調査士や保育士になるための方法|試験を受けて資格ゲット!

文房具

憧れの先生になる

保育士

教育において指導者の存在は人生を構築するにあたり大変重要な存在です。その中でも幼少期に接することになる保育士という存在は職業としても人気があります。保育士として働くには専門の資格が必要になります。

安心清潔な環境

独学

飲食において様々な資格が存在しています。その中でも人々の安全や健康に深く関わっているのが衛生管理者です。その名の通り衛生状況の管理を行っています。食材を始め調理環境まで管理指導を行っています。

将来の安定するなら

勉強

行政書士とは数多くある国家資格の中でも取得が難しいとされる資格の一つですが、取得すればその活躍の場が多く存在することから人気の資格とも言えます。行政書士の取得を目指すならそのコツを知っておくことが重要です。

色々知りたい不動産事情

勉強

土地家屋調査士とは土地や家屋、不動産においての様々な調査や検査などを行うプロです。土地家屋調査士の仕事には色々ありますが、まずは不動産の状態を正しく調査しその記録や情報を登録反映させる事です。家屋や土地の測量などで、その土地の占める大きさを測り容量を把握します。又、最近では隣人同士のトラブルになりかねない境界線などをはっきり測量調査するのも土地家屋調査士の仕事になります。この作業には隣接している家主同士の立会のもと公平に土地や家屋の情報を照らし合わせて調査します。新たに誤差や修正箇所があれば正式な手続きの元修正、改善していきます。さらには不動産の登記や登録による複雑な書類の手続きなども所有者の依頼に応じて行っていきます。この様に土地家屋調査士とは、我々の住む土地や家屋における必要不可欠な存在なのです。よって近年では不動産業界を始め、様々な人がこの土地家屋調査士の資格取得を目指し試験を受けています。土地家屋調査士になるには資格取得の為の試験が必要になってきます。土地家屋調査士の資格試験は年に1度行われています。例年決まった日時で行われており、8月の第3日曜日が資格取得の受験日になっています。土地家屋調査士の試験は受験内容が多く試験に掛かる時間は1日を要するでしょう。午前の部門と午後の部門に分かれての試験となっています。ですが、すでに所有している資格の中に測量士や測量士補、一級・二級建築士の資格を所有していればこの午前の部の試験が免除されることになります。

土地家屋調査士だけではなく、資格というものは多くの種類があります。保育士や衛生管理者など、取得をすることで専門的な職業に就くことができます。手に職を付けると、その職業でずっと働くことができるので、安定した収入を得ることへも繋がります。また、転職をすることになったとしても、資格があればその資格に特化した職業に就けるのでとても働きやすくなります。